野球肘には内側型と外側型がある

公開日: : 野球肘の予防と対策

野球肘の特徴

野球は、子供時代から始める事のできるスポーツで、ジュニア時代から積極的に野球を楽しんでいる大子様も非常に多いです。

しかし、お子様に多いのが、特に「野球肘」という症状です。

野球肘になってしまうと、肘関節が使いづらくなってしまい、野球ができなくなってしまう事があります。

肘の曲げ伸ばしがしにくくなってしまい、とても不便を感じる事でしょう。

この野球肘の特徴には、内側型と外側型というものがあるという点です。

今回は、この二つの違いについて、探っていきましょう。

内側型の野球肘

内側型と呼ばれる野球肘とは、一体どのようなものなのでしょうか?

これは、肘の内側の部分が、回内屈曲筋と呼ばれるところによって、投球時に負荷が加わってしまい、損傷されてしまうのです。

神経が不適切に動かされてしまうために起こる炎症であるといえます。

重症になってきてしまいますと、剥離骨折を起こしてしまう事がありますので、早めの治療が必要になってきます。

外側型の野球肘について

外側型の野球肘というのは、内側型とは反対に、上腕骨小頭や、橈骨(とうこつ)頭を圧迫してしまう事で、炎症を起こしてしまうものです。

骨の壊死や欠損などによって、剥奪性骨軟骨炎を起こしてしまう事もありますので、とても危険です。

徒労物質もたまりやすく、早く措置していかなければ、この損傷が引き金となって、ストレスを感じてしまう事もありますので、十分に気を付けましょう。

関連記事

no image

野球肘はくせになる?

野球肘は再発しやすい 野球肘というのは、お子様に多い症状です。 お子様は、まだ骨が完全に大人の骨

記事を読む

no image

けがに強い体づくり

野球肩とは 皆さんは、「野球肩」という言葉を聞いた事はあるでしょうか? 野球を頻繁にしている方で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
けがに強い体づくり

野球肩とは 皆さんは、「野球肩」という言葉を聞いた事はあるでしょうか

no image
野球肘に有効なアイシングケア

野球肘にはアイシング 野球肘になった時は、どのようなケアをしていけば

no image
野球肘はくせになる?

野球肘は再発しやすい 野球肘というのは、お子様に多い症状です。 お

no image
野球肘には内側型と外側型がある

野球肘の特徴 野球は、子供時代から始める事のできるスポーツで、ジュニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑