野球肘はくせになる?

公開日: : 野球肘の予防と対策

野球肘は再発しやすい

野球肘というのは、お子様に多い症状です。

お子様は、まだ骨が完全に大人の骨にはなっておらず、まだ不安定な状態だと言えます。

そのため、肘関節などを運動時に痛めてしまいがちです。

野球肘になっても、手術までは必要ありませんが、きちんと治療を行っていかないと、なかなか治らなくなってしまうので、肘関節の痛みに気づいたのであれば、早めに適切な処置をとっていかなければなりません。

野球肘は、野球肩に比べると、症状は幾分軽く、野球の際にボールを投げられなかったり、バッティングができないレベルにまでならないケースが多いですが、再発しやすいというのが、ネックな点に挙げられます。

お子様で、野球肘になってしまった方で、治療が完了したという方でも、また短期間の間に再発してしまったという方も多いのです。

野球肘を予防していこう

野球肘は、繰りかえしやすい障害です。しかし、きちんと日頃からケアをしていれば、再発しにくい症状になっていきます。

野球肘を予防していくためには、骨を強化していく事が大切です。

骨を強化していくためにも、準備体操などを怠らないようにする事が大切です。

屈伸運動や前屈なども、大事な体操の一つです。

スポーツをやる前には、必ず準備体操をするものですが、その準備運動を怠っていると、けがも起こしやすくなってしまうので、生活習慣からも、野球肘を予防していけるようにしましょう。

関連記事

no image

けがに強い体づくり

野球肩とは 皆さんは、「野球肩」という言葉を聞いた事はあるでしょうか? 野球を頻繁にしている方で

記事を読む

no image

野球肘には内側型と外側型がある

野球肘の特徴 野球は、子供時代から始める事のできるスポーツで、ジュニア時代から積極的に野球を楽しん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
けがに強い体づくり

野球肩とは 皆さんは、「野球肩」という言葉を聞いた事はあるでしょうか

no image
野球肘に有効なアイシングケア

野球肘にはアイシング 野球肘になった時は、どのようなケアをしていけば

no image
野球肘はくせになる?

野球肘は再発しやすい 野球肘というのは、お子様に多い症状です。 お

no image
野球肘には内側型と外側型がある

野球肘の特徴 野球は、子供時代から始める事のできるスポーツで、ジュニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑