けがに強い体づくり

公開日: : 野球肘の予防と対策

野球肩とは

皆さんは、「野球肩」という言葉を聞いた事はあるでしょうか?

野球を頻繁にしている方ですと、野球をやっていて、まるで脱臼したかのような痛みに襲われる事があります。

この原因は何なのでしょうか?

これは、野球など、スポーツをやる機会の多い方がなりやすい肩で、慢性的に痛みを患ってしまう方もいるくらないなので、早めに処置をし、治していく必要があります。

野球を普段よくやる人が野球肩になると、ボールを投げる時に、激痛を感じてしまったり、とても痛みを感じてしまったりと、痛みによるつらさを感じてしまい、スポーツがやりにくくなってしまいます。

そのため、もしもこのような痛みでお悩みの時は、野球などの球技は控え、安静にしておく事が大切です。

怪我に強い体にしていくためにも、運動量と安静にしている時間とのバランスが大切です。

野球肩になる原因

野球肩になる原因には何が挙げられるのでしょうか?これには2種類考えられます。

一つは、外傷による野球肩です。肩を脱臼したり、肩がはずれてしったというご経験をお持ちの方もいる事でしょう。

これらは、全て外傷による野球肩です。

もう一つが、オーバーユース(使い過ぎ)による野球肩です。

野球などスポーツをしている人は、肩を使い過ぎてしまう傾向があります。

そのような時に、野球肩になりやすいと言えます。

使い過ぎは、「オーバーユース」と言われ、安静にさせていないと、長期に渡って痛みを患ってしまう事がありますので、とても危険です。

野球肩の対策をしていこう

野球肩になってしまった時には、肩に湿布を貼って冷却療法をやったり、安静にしていたり、整体サロンに通って、肩をよくもみほぐしてもらうのも、一つの方法です。

関連記事

no image

野球肘はくせになる?

野球肘は再発しやすい 野球肘というのは、お子様に多い症状です。 お子様は、まだ骨が完全に大人の骨

記事を読む

no image

野球肘には内側型と外側型がある

野球肘の特徴 野球は、子供時代から始める事のできるスポーツで、ジュニア時代から積極的に野球を楽しん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
けがに強い体づくり

野球肩とは 皆さんは、「野球肩」という言葉を聞いた事はあるでしょうか

no image
野球肘に有効なアイシングケア

野球肘にはアイシング 野球肘になった時は、どのようなケアをしていけば

no image
野球肘はくせになる?

野球肘は再発しやすい 野球肘というのは、お子様に多い症状です。 お

no image
野球肘には内側型と外側型がある

野球肘の特徴 野球は、子供時代から始める事のできるスポーツで、ジュニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑