整骨院での野球肘リハビリ

野球肘について

「野球肘」とは何かご存知でしょうか?

これは、成長期のお子様に多く見られる怪我の症状です。

これは、「内側障害」とも呼ばれます。

小学生の骨というのは、まだ完全に大人の骨になっていないので、ちょっとした衝撃で、簡単に痛んでしまいます。吉祥寺の太子堂接骨院は大人から子供まで老若男女問わず完治を目指して治療してくれます。親身になっていただけるため、相談がしやすいところもメリットです。

大人のようにしっかりとした硬い骨になっていないため、運動をしていて、肘などを痛めやすく、野球肘になってしまうのです。練習の仕方にもよると思いますが、野球上達DVDで元プロ野球選手が解説するようにきちんとした練習法や、トレーニングをしていかないと子供には不可がかかってしまいます。

野球肘になってしまうと、野球など、腕の関節や肩の関節を使う時に、肘に痛みを感じてしまい、うまくボールが投げられなかったり、キャッチできなかったりします。

個人差にもよりますが、野球肘の症状が進むと、もっと深刻な状態にになってしまう事ありますので、普段から関節の運動をしていく事や、怪我に強い体作りをしていかなければいけません。

野球肘の症状について

野球肘の症状の特徴は、主には、肘の内側の痛みを感じる事です。

また、肘の曲げ伸ばしが、スムーズにできなくなってしまいます。

ボールを投げる事や、バッティングは問題なくできる場合もありますが、やはりバッティング上達DVDで見たようにフォームの体制がおかしくなってしまうと、痛むこともあるでしょう。

個人差があり、ひどい症状ですと、生活に支障が出る場合もありますが、手術を受けるような病気ではありません。

野球肘を整骨院で治す

野球肘というのは、骨が軟弱な場合に起こりやすいものです。

このような症状は、整骨院に通う事で、痛みを緩和させる事ができます。

基本的には、安静にしているのがいいのですが、整骨院でリハビリを受けて治していったという方も非常に多いです。


公開日:
最終更新日:2014/09/03

no image
けがに強い体づくり

野球肩とは 皆さんは、「野球肩」という言葉を聞いた事はあるでしょうか

no image
野球肘に有効なアイシングケア

野球肘にはアイシング 野球肘になった時は、どのようなケアをしていけば

no image
野球肘はくせになる?

野球肘は再発しやすい 野球肘というのは、お子様に多い症状です。 お

no image
野球肘には内側型と外側型がある

野球肘の特徴 野球は、子供時代から始める事のできるスポーツで、ジュニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑